【革命!?】経口GLP-1受容体作動薬「リベルサス」販売時期・効果・値段を調査

この記事について
別名:痩せホルモンとか言われているGLP-1の新薬「リベルサス」について書いています。皮下注射が一般的だったGLP-1ダイエット。ついに経口(飲み薬)で摂取可能な新薬が発売されそうです。

いっちゃん

痛みがほとんど無いとは言え、毎日の注射は面倒ですもんね。

そもそも、リベルサス(一般名:セマグルチド)って何?

一言で言うとオゼンピックの経口(飲み薬)バージョンです。

オゼンピックとは?
皮下注射で使用する週1回タイプのGLP-1受容体作動薬です。現在、1番持続性が高いお薬です。

1日1回投与タイプで1番有名な「ビクトーザ」との効果比較の臨床実験結果によるとリベルサス14㎎とビクトーザ1.8㎎では26週目でビクトーザを上回った結果がありました。

いっちゃん

皮下注射なみに効くのね…。カウンセリングの先生は皮下注射の方が効くって言ってたのに…。

リベルサス(一般名:セマグルチド)はいつ頃発売されるの?

新薬が発売されるまでは基本的に、承認⇒薬価収載⇒発売と言う流れになるそうです。
2020年6月29日、2型糖尿病を適応として日本でも承認されました。海外だと、2020年4月から米国とカナダで販売が開始されています。
なので、現在(2020年11月時点)は薬価収載待ちという状態です。

薬価収載とは?
新薬の薬価収載(やっかしゅうさい)のタイミングは、2月、5月、8月、11月の年4回です。
厚生労働省によって製造と販売が認められた新薬やジェネリック医薬品を、公定価格として厚生労働省が定めた薬の価格の一覧表である薬価基準に載せることを言います。

薬価収載された後は?

薬価収載された後は、下記の様な規定があります。

薬価基準に収載された場合は、特にやむを得ない正当な理由がある場合を除き、その収載された日から3ヶ月以内に製造販売して、当該医薬品の医療機関等への供給を開始するとともに、継続して供給するものとする。

いっちゃん

要するに、薬価収載から3ヶ月以内には、供給が開始されるということですね!
結論
日本では2020年11月時点では、まだ発売されていません。予想として2021年の春頃かな!?

もっと早くリベルサスが発売されなかったの?

GLP-1受容体作動薬は、胃酸やペプシン等の消化酵素によってすぐ分解されてしまうことから、これまで経口剤の開発は困難とされ、皮下注射で投与するのが一般的でした。
胃からの吸収も困難だったそうです。

今回の新薬である「リベルサス」はサルカプロザートナトリウム(SNAC)という物質を配合することで。新たな吸収のメカニズムに成功したみたいです。

いっちゃん

SNACというヤツは凄いね!ありがとう「SNAC」。

リベルサスの用法や用量は?

用法

本剤の吸収は胃の内容物により低下することから、本剤は、1日のうちの最初の食事又は飲水の前に、空腹の状態でコップ約半分の水(約120mL以下)とともに3mg錠、7mg錠又は14mg錠を1錠服用すること。
また、服用時及び服用後少なくとも30分は、飲食及び他の薬剤の経口摂取を避けること。
分割・粉砕及びかみ砕いて服用してはならない。

いっちゃん

朝ごはん食べられないってことか…。早起きすればいいのか!

用量

成人の場合、1日1回7mgを維持用量として経口投与します。
ただし、1日1回3mgから開始し、4週間以上投与した後、1日1回7mgに増量するそうです。患者さんの状態に応じて適宜増減しますが、1日1回7mgを4週間以上投与しても効果不十分な場合には、1日1回14mgまで増量することが可能だそうです。

リベルサスの気になるお値段は?

今のところ、薬価収載がされていないので解りませんが、ビクトーザ、オゼンピックなどの市場を見る限りかなり高額になると考えられます。
個人輸入代行サイトを参照するかぎり、30錠で約20万円ぐらいかかるみたいです。

いっちゃん

1日1錠と考えても、1ヶ月で約20万円…。今までのGLP-1受容体作動薬の中で1番高額になりそう。

▲飲み薬が待てない!もっと安く痩せたい方は、下記の記事が参考になります。
【今さら聞けない】GLP-1ダイエットって何?徹底的に調査してみた

信頼度・利便性・待遇を考慮した結果、私はこのクリニックでダイエットを実施しました。
本気で痩せたいなら医療のチカラで確実に!

東京GLPクリニック