男性デリケートゾーン(VIO)をツルツルにしてみた|比較検討編

VIO脱毛-比較検討

結論
メンズリゼ に行くことに決めました。
今までありがとう、マイ陰毛!君たちが居た日々は忘れない!

デリケートゾーン(VIO)を脱毛する3つのメリット

本音は、首から下の体毛って全て不要だと思っています。特に、デリケート(VIO)ゾーンに関しては、毛があること自体、不衛生だと思っています!
お尻の穴(Oゾーン)に毛がある人なら解ると思うんだけど、トイレの時、何度もトイレットペーパーで拭くでしょ?結局、毛に残るんですよ。
蒸れも気になるし、Vゾーンとかの毛は、チンチ〇に挟まったりするでしょ。1本たりとも必要ない!でも、漠然と永久脱毛はかなりの時間とお金がかかるものだと諦め、夏の季節だけ、除毛クリームを使用して定期的にツルツルにしていました。でも、除毛クリームってもの凄く早く生えてくるんです。なので、本格的にデリケート(VIO)ゾーンの永久脱毛を検討してみる事にしました。
一応、使用していた除毛クリームのリンクは張っておきます。2種類試してみましたが、さほど違いは無いです。


VIO脱毛をするメリットを考えてみた
  1. 衛生的(ムレにくく、汚れも付きにくい)
  2. う〇ちやトイレットペーパーが絡まない
  3. 女性に対しても衛生的

世界のVIO部分の毛事情

どうやら、日本には「陰毛」が無いと大人として見られない、古い考えがあるらしい。試しに職場の男性諸君にVIOゾーンの永久脱毛がしたい旨を言ってみたら下記のような内容が帰ってきた。

  • ヒゲじゃなくて?見えないから良くない?
  • 銭湯とかで恥ずかしくない?
  • なんでそこなの?
もちろん、共感してくれる人もいますが、まだまだ一部な気がします。なので、世界のVIO事情を調べてみた。

アメリカ

男性・女性共にツルツルにするのがスタンダードと言って良いです。むしろ、男性の場合「女性に対するマナーだろ!」とまで言われます。この話、女性も同じですよ!欧米人とお付き合いしたい女性は、必ずツルツルにしましょう。良く聞く話だと、欧米の男性が日本の女性と付き合った時に、野生のごとくボーボーの姿にドン引きするのは良く聞く話です。「あの、繊細な日本人が、なんでボーボーなの?WHY?グロッ!!」って。

MEMO
VIOゾーンの毛を全て無くす脱毛をハイジーナ脱毛と呼びます。そして、欧米のVIO脱毛のスタンダードです。日本で言う所のパイパンです。

ヨーロッパ

全体的にデリケート(VIO)ゾーンへの関心は高く、ハイジニーナの人が多いです。また、ハイジニーナでない人も形を整えたり、アンダーヘアのお手入れは文化として根付いています。もちろん、個人主義傾向が強いヨーロッパでは自然主義の方もいますが、アジア圏と違って体毛も薄く、色素も薄いので基本的にアジア人より目立ちません。

イスラム圏(中東)

イスラム圏の国々ではイスラム教の教えとして清潔さを大切にしており、脇やデリケートゾーンの処理は当たり前。また暑い気候、乾燥する地域も多く、毛じらみが発生しやすいのもアンダーヘア処理を行う理由だそうです。

韓国

ハイジーナ脱毛はしないまでも、整える程度の人は多い。女性の場合はほとんどの人がしっかり、整えているらしい。韓国の場合、男女共に剛毛が居ないらしいです。

中国

基本、ボボボーボボの自然体です。もちろん、人口が多いので全てではないでしょうが。

まとめ
アジア圏はVIO脱毛、アンダーヘア事情に無頓着な傾向が強い。世界に目を向けると、ハイジーナ脱毛とまではいかないにせよ。何らかのVIO脱毛をするのがグローバルスタンダードと言わざるを得ない。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

色々と調べているうちに医療脱毛エステ脱毛なるものがあるらしいので、各々の違いをまとめてみました。

機械・永久脱毛までの施術回数・痛み

医療脱毛
  • 機械:医療レーザー脱毛
  • 施術回数:約5回
  • 痛み:強い
エステ脱毛
  • 機械:光脱毛、フラッシュ脱毛など
  • 施術回数:10~18回ぐらい
  • 痛み:弱い
お医者さんがいるから強力なレーザー機器が使用できるらしい。もちろん、強力な分痛みは強めだそうです。でも、医療レーザー脱毛が行えるところは、麻酔が使えて何か肌トラブルが起きた場合、すぐに対応してくれるみたいです。

いっちゃん

グルーポンなどで出てくる脱毛系のチケットは全て「エステ脱毛」でした。安価なので、興味本位で買いそうになってしまった。
まとめ
医療脱毛の方が痛みは伴うが、回数が少なく、期間も短いというメリットから医療脱毛を選択したいと思う。痛みに関しては麻酔に頼ろうと考えています。

メンズリゼとゴリラクリニックを比較

今回は、デリケートゾーン(VIO)の永久脱毛。前述したハイジーナ脱毛をする観点で都内の医療脱毛を施術してくれる場所を探したところ、最終的にメンズリゼゴリラクリニックの2つのクリニックに絞りました。
WEBサイトの第一印象として、ゴリラクリニックの方が男性(メンズ)に特化してそうなイメージを受けました。一応、料金や店舗数、オプションサービス等を比較してみました。

料金・麻酔について・機器種類

メンズリゼ
【公式サイト】メンズリゼ 
  • 料金(5回):92,800円
  • 麻酔:あり(塗る・吸うの2種類)、別料金
  • レーザー脱毛機器:3種類
ゴリラクリニック
【公式サイト】ゴリラクリニック 
  • 料金(5回):140,000円
  • 麻酔:あり(塗る・吸うの2種類)、別料金
  • レーザー脱毛機器:5種類
正直、VIO脱毛に関しての内容比較では、ほとんど違いはありませんでした。
オプション的な保証内容(カウンセリング料、再診料、キャンセル料、剃毛料、肌トラブル治療費、お薬代)はどちらも無料。全国の店舗数?クリニック数?も大体同じぐらいです。そう考えると、47,200円安いメンズりぜの方が良い気がします。

しかし、おっさんになると安かろう悪かろうが一番嫌なんです。

なので、いっちゃんの独断と偏見の材料として施術してくれる男性看護師さんの待遇をみて決めることにします。
両方のWEBサイトの募集要項を参考にさせて頂きました。なぜ、待遇が良い方を選ぶかって?

それは、男性看護師さんが施術をするのだから、待遇が良い方が男性看護師が多く居そうじゃないですか!?VIO脱毛の場合、男性看護師さんが居ないと予約出来ないということになりますから、いざ契約したは良いけど、施術の予約が取れないでは本末転倒でしょ!それと、待遇が良い方が働いている方々も大切にされてそうじゃないですか!それが、巡り巡っておっさんの施術にもおおらかなに対応をしてくれるだろうと言う期待も込めて・・・。

結論、メンズリゼの男性看護師さんの方が待遇が良いと感じました。待遇の違いは割愛しますね。なので、メンズリゼでVIO脱毛(ハイジーナ脱毛)いわゆる、パイパンつるつるになってきます!

もし、ヒゲ脱毛を検討していたら…
男性の場合、ヒゲ脱毛が一番人気らしいです。ヒゲはたまに遊びたくなるので脱毛しませんが、もしヒゲ脱毛をするならゴリラクリニックにしていたと思います。

東京イセアクリニック

NEXT|カウンセリング編

男性デリケートゾーン(VIO)をツルツルにしてみた|カウンセリング編