本当に必要?|理想の自分になる為に捨てた3つのもの

お金が全てとは思いませんが、お金があれば選択肢が増え、心配事も少なからず減るのではないでしょうか?この記事では収入を上げる為に捨てるべきもを記載していきます。

1.時間を切り売りする仕事

スキルが磨ける、知らない事が学べるような仕事なら多少、低収入でも受けるべきだと考えますが、ただそこに居るだけ。定時までいるだけの状態の仕事は捨てていきましょう。
もし、ある程度の収入が得られていてもそれ以上にはなりません。自分の拘束時間=収入では先が見えています。
働ける時間はある程度みんな平等です。自分が拘束されていない時間にどれだけ稼げるかが、お金の呪縛から逃れられる生き方になります。

2.お付き合いの飲み会

自分の尊敬できる人や有益な飲みなら良いと思います。有益と言うのは仕事関係だけでなく、単純に自分が行きたいと思う飲み会なら行くべき。
そうじゃなく、付き合いとしての飲み会。自分がチョットでも行きたくないと思ってしまった飲み会はいかないようにしましょう。
時間もお金も無駄です。毎回、参加していなくてもそんなに周りは気にしていませんから!頭が腹痛で!と言って欠席しましょう。
その出席する予定だった飲み会の会費で、気になっている映画を見たり、コンサートに行ったり、本を購入したほうがよっぽど価値がありますよね?
ケチるな!年収アップする4つの自己投資

3.ファストファッション

数年前からファストファッションが流行し、安価にバリエーション豊かな洋服や靴が手に入るようになりました。
そのため、購入するときも安いから別にいいか!という軽い気持ちで購入し、無駄にタンスの中が多くなりました。それによって、朝着る服が迷うようになりました。
それって、無駄だなと感じるようになり、方向展開しました。
人間生きているだけで、様々な決断を迫られます。例えば、昼食は何を食べる?とかあの場所へ行くのに、どのルートで向かう?など、そこまで意識していなくても自然に決断をしているのです。
その中で、容姿を決める上で大切な洋服を「まぁ良いか!」で購入したもので良いのか?
なので、筆者が実践しているのは仕事の日は自分なりの制服を決めました。
その制服は単純にズボンとロンTですが、履き心地、丈夫さ、便利さを追い求め、やっとこれだ!と思えたものを5枚購入しました。
ロンTも同じです。その制服スタイルにしてから、毎日の朝の「何着る?」問題からは解決出来ました。また、自身でこれだ!と思ったものを来ているのでもの凄く愛着も沸いています。

注意
ファストファッションの批判ではないので、ご注意下さい。筆者の中ではファストファッションでは、物を大事にする気持ちが生まれないし、選択肢が過多になるという点に気付いて欲しい。