あなたは大丈夫?貧乏な人の5つの特徴

貧乏人的なマインド!あなたはしていませんか?または、周りにいませんか?そういう人は百害あって一利なしです。交友関係から切り捨てましょう。
また、ついついこれから記載するような考え方になる人は、気を付けましょう。恐らく貧乏のままです。お金も気持ちも裕福になるには、マインドから!

1.心配しても仕方ない事を心配する

ついつい、心配していませんか?
例えば
大切な行事が明日あるときに、
「明日、雨降ったらどうしよう!」なんて、思っちゃいますよね?
天気みたいに、自分の力ではどうにもできない事を心配しても時間の無駄です。雨に備えて準備することは良い事ですが、自分の力で変えられない事を心配しても意味がないので止めましょう。

「ピアノの発表会、失敗したらどうしよう?」
⇒失敗することを心配したって、成功しません。なるべく失敗しないように頑張る事が大事です。それが出来たら、楽しむだけ。

注意
楽観的になれと言う訳ではありません。自力で出来ることを精一杯頑張ったら、あとは成るようになる。

2.チャレンジする前から止める理由を述べる

これ、貧乏人に1番多い特徴ですね。大体の人が「でも」とか「やっぱり」が口癖です。
1番にも似ている事ですが、自分の乏しい人生経験だけで勝手に想像し、リスクを取らない選択をするんですよね。
正直に言います。それがリスクです。変わろうとしないことがリスクなんです!

3.大体世の中や時代のせいにする

若者たちがおっさん達に向かって使う「おっさんたちの時代とは違う」と逆におっさんやおばさんが使う「こんな時代だから・・・」
よく耳にしませんか?

4.目先の利益ばかりを気にする

これも多いですよね。
例えば

  • 飲み会の幹事を担当した時に会費を少し上乗せして自分の会費を減らそうとする人
  • 単発で入ってきた簡単な仕事の時、相手が無知だからって少し多めの請求をしてみる人
  • 20円安いだけで、隣町のスーパーへ買い物へ行く人
昔から言う言葉で「損して得とれ」とは、よく言ったもんで、商売の基本だと思います。目先の利益を追うとその先の大きい利益が見えなくなります。
仕事(商売)は結局、人対人なのでまずは「信頼関係」を築く事が大事です。

5.勉強をしない

勉強無くして成長はありません。会社員だからとか今の収入で安定しているからなんて考えずに、もっと自分に投資して勉強をしてみましょう。
料理人なら、お店のメニューだけじゃなく様々なジャンルの料理を勉強してみるとか、営業職なら顧客を獲得するセミナーに行ってみるとか。
個人店を経営しているなら集客セミナーに行ってみるとか。全く仕事は関係の無い事でも良いです。
自分に投資した額は、案外ちゃんと返ってくるものです。今は「個の時代」です。
個人が力を持っていれば、確実に貧乏にはならない時代です。

まとめ

筆者が逢ってきた富裕層、または尊敬してい人の中に、上記に当てはまる人は一人もいません。
そして、自分で考えたり人から言われた助言にはとても「素直」にそして速やかに実行していきます。もし、思った結果が出なくても失敗と感じない人達です。
筆者も正直言って、貧乏的な考えがまだ残っていましたが、数年前から自身のマインドを変えていきました。そうすると、毎日がとても疲れますが、充実していきました。
そして、勿論それに比例して収入も上がっていきました。
なので、貧乏マインドに当てはまってしまった人!是非、そのマインドから抜け出して、良い循環のサイクルへ移りましょう。お互いに頑張りましょう。