今さら聞けない|ワードプレスって何?

ワードプレスに興味がある言うことは、自分でサイトを構築したいとお考えですね?
この記事はワードプレスとは?からワードプレスのメリットとデメリット、さらに導入(構築方法)について掘り下げています。

ワードプレスとは?

一言で言ってしまえば「ブログシステム」です。ブログを触った事が無い方は「ブログ」を「ウェブサイト」に置き換えて読み進んでください。
WordPress(ワードプレス)は、世界で圧倒的なシェア率を誇る無料ブログシステム
正式にはCMS:Contents Manegement Systemの略(読み方:シーエムエス)。
WordPress自体にブログ機能やサイトページを更新するための仕組みが存在するため、サイトを作成・更新が今までのツールよりも簡単かつ正確にできます。
さらにHTMLやCSSの知識があれば、簡単に多機能なウェブサイトを作成することができるため、個人ブログから企業サイトまで幅広く利用されています。

ブログシステムってワードプレスだけなの?

そんなことは、ありません。wordpressは前述した通り、シェア率が世界1なだけで、その他のブログシステム(CMS)も勿論存在します。
ただ、wordpressにはプラグインという機能を拡張できる機能が付いています。
シェア率が世界1だからこそ、様々なプラグインが存在するのもworpressの大きな特徴と言えます。

wordpressってどんな事が出来るの?

正直言ってしまえば、wordpressで出来ないことは無い!と言って良い程、何でもできます。ただし、高度なものはスキルが必要になってきます。
具体的にどんな事がwordpressを使うメリットかご紹介していきます。

1.豊富なテーマから自分の好きなデザインが選べる

テーマと呼ばれるサイトのレイアウトを決める「テンプレート」が沢山存在します。
シェア率が世界1なだけに、このテーマがもの凄く沢山あります。もちろん無料です。なので、自分のイメージにあったテーマを見つけられれば一瞬でそのサイトに早変わり出来ます。
ここで注意があります。テーマのサンプルのほとんどが英語で作成されているので、英語だとカッコいいのに日本語でサイトを作成していったら、なんかしっくり来ないと言うことがあるので見極めが大事です。
※もちろん、有料のテーマも存在します。有料版と無料版のテーマの違いはまた別の機会に記事を書きます。

2.豊富なプラグインから好きな機能を追加できる

前述しましたが、プラグインと言う名の機能の拡張が容易に出来ます。これもシェア率が高いからこそのメリットです。
例えば、スライドショーの機能を追加したいとか、お問合せの画面を作りたい時でも自分のイメージに合ったプラグインを見つければワンクリックで機能を拡張できます。
また、サイトだけでなく管理画面に入るときにIDとパスワードだけじゃ、心細いと思ったらランダムな文字を入力しないとログイン出来ないようなセキュリティー対策的なものまであります。

下記は、筆者がデフォルト(初回から)で追加しておくマストプラグインです。ご参考に

  • Duplicate Post:記事の複製(コピー)が出来る
  • Easy Table of Contents:記事の上部などに目次が作れる
  • MW WP Form:お問合せフォームを作成できる
  • SiteGuard WP Plugin:セキュリティの向上。管理画面ログインのセキュリティアップやログインしたらメールでお知らせする機能などがある
  • WordPress Popular Posts:人気記事を抽出できる機能
  • WP Multibyte Patch:日本語のサイトを作成する場合に文字化けなどをさせないように助けてくれる。

3.wordpressに関する情報が沢山ある

これもシェア率が高いからこその利点です。wordpressを使ってサイトを構築したけど、こんな時どうしたら良いの?は絶対に訪れます。
そんな時、Googleなどで検索すれば沢山の情報が見つかるはずです。
あまり人気が無いブログシステムで構築してしまうと、情報があまり存在せず、自力でどうにかするしかなくなってしまいます。

wordpressで出来ないことは?

前述で出来る事を記載したので、逆に出来ないことを書きたいのですが、正直「ありません」。
何故かというと、プログラムが解る人は自分でカスタマイズできてしまうからです。プログラミングのスキルが無い人には厳しいですが
ある程度プログラミングが出来てウェブの知識がある人ならある程度容易にカスタマイズが出来てしまいます。その点もwordpressが選ばれる理由なのです。
なので、プラグラミング知識なんてないよ!という人でも、どんな機能が欲しいかが明確なら、今の時代ココナラで要望を伝えればその道のプロがカスタマイズしてくれるので、有効活用しましょう。
wordpressで出来ない事は無い!と言いましたがシェア率が高いだけに勿論、メリットは存在します。
それは、やはり「セキュリティー面」です。そりゃー人気があるが故のデメリットですね。人気が高ければそれを破ろうとする輩も多いです。
なので、セキュリティ面にはある程度気を配りましょう。セキュリティ系のプラグインを入れるとか、パスワードを強固なものにするとか。

初心者むけwordpressの導入方法

今の時代、wordpressが導入出来ないウェブサーバーはほとんど存在しないと思います。
ただ、大手だと最初の初期設定がどんどん簡単になっているのでウェブの知識に自信が無い方は下記の通りやれば簡単に構築できます。

簡単に言うと下記の順番になります。

  1. ドメイン(URL)を取得する
  2. レンタルサーバーを契約し、ドメインと紐づける
  3. レンタルサーバー側でwordpressを設定する

以上、3ステップであなただけのサイトがしかもwordpressで作成できます。
世の中にはドメインサーバー、レンタルサーバーなど沢山あります。ごちゃごちゃ説明できますが、当サイトの表示スピードで問題なければ下記の通り行えば問題なしです。
自身で色々探したい場合は、頑張って探してください。筆者がさまざまなサーバーで試した結果、初心者の方には下記がオススメです。

STEP.1
ドメイン(URL)を取得する
エックスドメインで取得しましょう。ドメイン(URL)は世界で1つしか存在出来ないので、まずは自分が取得したいドメイン名が使われていないかチェックし、使われていなければ取得しましょう。
STEP.2
レンタルサーバーを契約する
エックスサーバーと契約しておけば問題ないです。初心者でもかなり操作しやすいです。スペックも申し分ないです。
STEP.3
wordpressの設定をする
STEP.2で契約したレンタルサーバーでwordpressを設定すれば、初期設定は完了です。あとは管理画面に入って自身で好きにレイアウト変更したり、記事を書いたりしてください。
エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」というサービスが用意されているので、知識が無い方でもビックリするぐらい簡単に導入できます。
さらに、高速に始められる「WordPressクイックスタート」もサービスが開始されたので、ますます簡単かつ安全にWordPressが導入できますよ。