パソコン効率15%UP!!クリップボードツールのすすめ

結論
はじめまして、いっちゃんです。
仕事でWindowsのパソコンを使う人は、クリップボードツールclibor を使いましょって話。※パソコン効率15%UP!!に根拠はありません。

cliborとの出会い

Macユーザーだと定番のクリップボード管理アプリ『Clipy』がありますよね。「私、Macユーザーだけどインストールしていない!」という方は、是非、下記からダウンロードしてあなたのパソコンのお供にしてあげてください。
参考 Clipyhttps://clipy-app.com/

簡単に言うと、コピペと言われる作業(コピーアンドペースト)をした時のコピーの内容を履歴管理してくれるツールです。
瞬時に起動し、2,30個前までコピーした内容を閲覧でき、選択しただけでクリップボードへ貼り付けられる。

他人が使っていて、自分が使っていないツールとかって、やけにカッコよくみえちゃうんだよね。「隣の家の芝生は青い」的なやつです。
いっちゃんはもっぱらWindowsユーザーなので、この「Clipy」と同じようなWindowsのアプリケーション無いかなぁと探していたら、やはりありました。その名も「Clibor」読み方は、おそらく「クリボー」。

前述した機能に加え、定型文の保存も可能です。これかなり便利!

なので、今回はWindowsユーザーの為のクリップボード管理アプリCliborについて、記述します。

どんな時に使う?

日々の業務によって変わってくると思うのですが、履歴に関しては2、3個前にコピーした内容が欲しい時ってありますよね。

例えば

「Internet Of Things」という言葉の意味について調査する時

STEP.1
検索
まず「Internet Of Things」と言うキーワードでGoogle等で検索します。
STEP.2
コピー&ペースト
良さそうなサイトから文章をコピーし、自分パソコンのテキスト等に張り付けます。
STEP.3
再検索
再度「Internet Of Things」と言うキーワードで検索しようと思っても、また同じ様に「Internet Of Things」とキーボードを打たなくてはいけません。
そんな時、1度「「Internet Of Things」をコピーしておくと、Cliborへは履歴として残っているので、対象のワードをクリックするだけでコピーした状態(クリップボードに張り付いた)になります。

あとは、Ctrl+Vで張り付ければOKですね。

どうやって使う?

まずは、ダウンロード!

参考 Cliborダウンロードサイト窓の杜 上記のサイトへアクセスして「ダウンロード」後、zipファイルを解凍しましょう。

解凍後は「Clibor.exe」ファイルをクリックして終了です。
レジストリーへの登録は行っていないので、気に入らなければ解凍したフォルダを削除すれば良いです。アンインストールする必要はありません。
決められたソフトしかインストールしては駄目等の規制がある職場にもってこいの設計ですね。

次は、使ってみる!

zipファイルを解凍後に「Clibor.exe」ファイルをクリックした場合、最初の起動時だけ、下記の画面が表示されます。

そして「Cliborを始める」をクリックしてください。そうすると画面が消えます!居なくなりますが、安心してください。これが正常です。

Ctrlキーを連続で2回押してみましょう。はい!下記のような小窓が現れましたね?

コイツがクリボーです。クリップボードタブと定型文タブの2種類が存在します。

クリップボードタブをダブルクリックしてみましょう。
そうすると、クリボーの表示位置を最前に固定させることが出来ます。戻したいときは、再度クリップボードタブをダブルクリックすれば非表示になります。

この状態で、何か文字をコピーしてみましょう。

どうですか?クリボーの1行目に今コピーした文字列が加わったのではないでしょうか?ちゃんと加わっていれば正常です。

便利な使い方

WEB等で調査業務をよくやる人

知らない事を調べて、エクセル等にまとめるときなど、先に調べて一旦すべてコピーしてしまうのです。全てコピーが終わったら、今度はクリボーに登録された履歴たちを張るだけの作業です。
なるべく同じ作業は、まとめて行った方が効率的です。

slackやChatwork,Lineなどを多用する人

仕事だと決まった部署や人に、定型文ライクな文章を送る時って多々ありますよね。そういう時って、過去に一度送った内容を探したりしてませんか?
是非、クリボーへ定型文を何パターンか登録しておきましょう。
いっちゃんは、このブログを書くのにワードプレスのショートコードやHTMLを定型文登録しています。